calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

Best Products

アーユルヴェーダ紀行1 電子出版


セルフ・ストレス緩和コーチング


アーユルヴェーダのスパイスティ【サマハン】


出生時間セット鑑定【インド占星術鑑定サービス】


アーユルヴェーダ&ヨーガによるホームデトックス


archives

Powered by Google

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.02.01 Friday
    • -
    • -
    • -
    •  | 
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ■ Winter Tea for X'mas

    0
      もうすぐクリスマス!

      今日は体を温め、健康にもよく、そして美味しいオリジナルスパイスティをご紹介します。その名も聖夜のWinter Teaをご紹介します。

      Winter tea for X'mas

      体を温める飲み物を作って飲んでいます。それがこのWinter Tea for X'masというオリジナル・スパイスティです。

      材料はジンジャー、カルダモン、シナモン、クローブ、黒(白)ペッパー、牛乳、黒砂糖です。私はスパイスティには基本的に紅茶の葉は入れません。味はご存知のChai(チャイ)によく似た味になりますが、お茶(紅茶)が入らないので私としてはさらに美味しくて好きです。目からうろこの美味しさですよ。

      これらのスパイスはすべて体を温める作用があり、Vata(風元素)を減らすスパイスばかりですので冬の飲み物としては最高です。

      アーユルヴェーダでは季節の過ごし方(Dinacharya)という生活の仕方というものがあります。これは健康を守りながら快適にその季節に応じた生活の方法を実践的に教えています。冬は寒さと乾燥(時には雪とともに湿度を伴いますが)のため体は冷えやすく、皮膚も乾燥しますよね。

      ちょっと足の裏を見てみてください。乾燥してガサガサしてませんか?私と友人は体質に合ったオイルマッサージをしていますので乾燥する皮膚を油分を保湿しながら快適に過ごしています。寝る前に足裏を油でマッサージするのはもう常識になりつつあります。保湿だけでなく冷えにくくするため安眠を約束してくれます。

      それと外出時の体の冷え対策には首に巻くマフラと手袋が特に有効ですよ。ポイントは外出前の暖かい部屋の中でマフラと手袋をしてから外出することですよ。首からの放射熱はとても大きいことが明らかになってますからね。

      それではみなさん風邪などひかないように楽しいクリスマスをお過ごしください。 

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.01 Friday
        • -
        • 11:48
        • -
        • -
        •  | 
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2010/12/23 2:23 AM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2010/12/27 3:31 AM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/01/01 3:27 AM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/01/08 2:44 AM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/03/01 2:04 PM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/04/21 6:46 PM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/05/12 10:11 PM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/08/29 7:09 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック